ガムを噛んでストレス解消

野球の試合で、外国人の選手がガムを噛んでプレーしているのをよく見かけますが、常にガムを噛んでいるという行為が、心拍数を抑えて、脳の血流を増加させ、リラックス時と同じ状態を保ち、普段どおりのプレーをするために役立っているといわれています。


ストレスや不安を感じると、ノルアドレナリンが分泌され、交感神経が緊張します。すると血管が萎縮し、その結果心拍数が上がってしまい、手が震えたり、汗をかいたりと身体に様々な変化が起きます。


それを軽減するために、わたしたち人間をはじめ動物は、肉体と精神のバランスをとるために、本能的に軽い動作を繰り返します。たとえば、動物園の狭いオリにいれられた動物が同じ場所を行き来する行動や、立ち仕事をする人は、少しづつ動いたほうが疲れが少ない、考え事をする時は散歩をしたほうが良い考えが浮かぶ、などといったことです。


心臓の動きに合わせて動く事は、血液の循環をよくし、緊張を和らげるセロトニンという物質が脳内で増えて、ストレスが緩和され、精神を安定させる働きがあるといわれています。だからイライラした時などは、ガムを噛むと心が落ちつくのです。噛むという行為が、人間の本能に基づくものだからです。


さらに、ガムを噛むという規則正しい咬筋の動きにより、脳への血液の循環が促進され、脳細胞に刺激を与え、脳が活性化すると言われています。すなわちボケ防止の効果もあるということです。


1日30分以上はガムを噛むと効果的だそうです。ガムを噛むという簡単な行為でストレスが緩和されるのですから、毎日の習慣にして、心の健康を守りたいものです。

離人症性障害

離人症性障害は、不安や抑うつに次いで3番目によくみられる精神症状です。持続的に、あるいは反復的に、自分の体や精神機能から遊離している感覚があり、自分の人生を外側から観察しているように感じます。 事故、暴行、重大な病気、けがなど、生命を脅かす危険な事態を経験した後にしばしば起こります。

離人症性障害についてはあまり研究が行われておらず、その原因や発生率は今のところ解明されていません。

離人症性障害の人は、自分のアイデンティティ(自己同一性)、肉体、人生についての認識にゆがみがあり、そのために落ち着かない気分になります。症状は一過性のこともあれば、何年間も続いたり、あるいは繰り返し生じる場合もあります。

比較的軽微で一時的な障害で、目につくような行動への影響はほとんど現れない場合もあります。そのため自分の障害に適応している人もいますが、自分の精神状態についての不安に絶えず苦しめられ、正気を失うのではないかと心配し、自分の体についてのゆがんだ認識や、自分自身と周囲からの離脱感について思い悩む人もいます。


治療しなくてもよくなることも多く、障害が持続性または再発性の場合や、本人の苦痛を伴う場合に限り治療を行います。力動的心理療法、行動療法、催眠療法などの心理療法が行われ、鎮静薬や抗うつ薬も有効な場合があります。

また、離人症性障害は他の精神障害に伴って生じたり、他の精神障害が引き金となって起こる場合も多いので、このような場合も治療が必要です。

思考停止法

思考停止法とは、考えたくもないのに考えてしまう自動思考、不安や妄想などのとりこになった時に、そこから逃れてリラックスした心を取り戻す方法です。


考えても無意味な馬鹿馬鹿しい思考・不安感や、恐怖感を引き起こすイメージ・具体的根拠のない妄想的な心配ごとなどを瞬間的に停止させて、頭の中を空っぽにすることで、心理的な安心感やリラックス感を得ることができます。


やり方は簡単で、そのような思考をしている時に、「ストップ」「ここで止まれ」といった掛け声をかけるだけです。しかし、掛け声とともに、悲観的な思考を実際にストップさせなければ意味がありません。カウンセラーや、信頼できる家族・知人などと二人一組になって、実際的な練習・訓練を行うことが必要です。


練習するときは、目を閉じて、自分の囚われている不安・悩み・妄想などの「イヤな考え」で頭の中をいっぱいにします。場面や登場人物など、できるだけ具体的にイメージします。そして、アラームを3分にセットし、「ストップ!」と叫び、急にイメージするのをやめます。この時、手を上げたり立ち上がったりするのも効果があるようです。嫌な考えははなかなか完全には消えないもので、再び頭に浮かんだら、もう一度「ストップ!」と叫んでみます。


はじめは実際に声に出したほうが不適応な思考をストップさせやすいですが、慣れてくれば心の中の中で、『ストップ』といえば、思考や感情を即座に停止することができるようになるそうです。


大切なのは「イヤな考え」が浮かんだらそれを早めに抑え込むことで、これを根気よく続ければ、「イヤな考え」は次第に弱まっていき、ついには気にならなくなるということです。

ストレス症候群⑤ サンドイッチ症候群

サンドイッチ症候群とは、上司と部下の狭間にいる中間管理職が、上司からの圧力と部下からの突き上げにより挟まれた「サンドイッチ状態」になり、強いストレスにより心身が不調となる症状です。管理職特有の症候群であるため、管理職症候群、マネージャー・シンドロームなどとも呼ばれています。

中間管理職で、誠実な人柄で面倒見もよく、上司からも部下からも頼りにされている半面、対人関係に気を遣い過ぎて、頼まれると断れない、上司にも部下にも強いことが言えないといった人が、心身の疲労を蓄積してかかりやすいのがこの症状の特徴です。

サンドウィッチ症候群では、まず上司からの命令によるストレスがあります。管理職には、その部署をまとめ成果をあげることが求めれ、ノルマが課せられます。特に、近年の不況のため成果をあげられないとリストラの対象とされてしまうこともあり、その不安と相まって悩みが大きくなることもあります。しかし、上司の要求を「できない」と言って断ることができません。

そして、部下への対応もストレスになります。上司には成果をあげるよう言われているので、部下にそれを伝えたり、動かそうとしますが、部下から不平不満を言われたりして、思うようにいきません。しかし部下の言い分もよく分かるので悩んでしまいます。

さらに、管理職につくと急激に仕事の量が増えたり、責任が重くなるなど身体的にも精神的にも疲れるポジションに立つことになります。やりたくない仕事でも立場上やらざるを得ないことが多くなってきます。管理職の多くは中年期にあたる人であり、そのころには、徐々に体力の衰えが目立ち始めるので、このような身体的・精神的ストレスに対抗する力がだんだん弱まっていきます。

しかも、中年期になると家庭にも問題を抱えている人も多いです。子どもが思春期で扱いが難しかったり、受験を控えている、親の介護の問題もあるといった感じで、家庭に帰っても居場所がないような状態であり、上司・部下・家庭からのトリプルのストレスを感じることにもなってしまいます。

身動きのできない状況になるとだんだんと疲れがたまって、慢性疲労状態、高血圧、動悸、めまい、不眠、抑うつ状態、自律神経失調、消化器官系の疾患などが現れます。

サンドイッチ症候群を予防するためには、無理なことは無理と言える環境を作ることが大切です。なんでも率直に話し合える上司部下関係を築き、お互いに主張しあえるようにします。また、休日には仕事を離れて過ごし、趣味などで仕事を忘れリフレッシュする、家庭が安らぎの場であるようにすることも必要です。

全般性不安障害(GAD)

不安障害とは、不安を主症状とする神経症のことをいいます。神経症という用語は正式な診断名としては使われなくなってきていて、現在では「パニック障害」と「全般性不安障害」の2種類です。

全般性不安障害は、パニック障害より患者数は3〜4倍多いといわれていて、理由のない漠然とした不安感が、ずーっと続く状態で、そのうち不安や心配事をコントロールできなくなり、心身ともにバランスを崩してしまう病気です。

パニック障害の場合は、発作の起きる場所がある程度予測できるのに対し、全般性不安障害は、予測できない理由のつかない不安感に悩まされます。何をしてても不安が頭から離れず、症状が進むと日常生活にまで支障をきたしてしまいます。

何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、精神的原因と思われる出来事があることもありますが、まったくないこともあります。過労、睡眠不足、かぜなど、身体的な状況がきっかけになることもあります。

パニック障害では患者の特別な性格傾向はみられませんが、全般性不安障害はもともと神経質で不安をもちやすい性格の人に多い傾向があります。女性に多く、男性の倍以上といわれています。

次のような症状があれば、注意が必要です。


①そわそわとして落ち着きがない
②ずっと緊張感が続く
③眠れない、寝ても寝た気がしない
④何事にも集中できない または 心が空白になる
⑤刺激に対して過敏に反応してしまう
⑥疲れやすい
⑦頭痛や肩こりなど筋肉が緊張している
⑧不安や心配事のない日がある日より多い
⑨悲観的になり、人と会うのがわずらわしい など

不安症状は、治ったり発生したりを繰り返しながら、慢性的に進行していきます。また他の精神症状(うつ病パニック障害など)と併発しておこることも少なくはないです。再発も比較的多い病気です。

治療は、薬物療法と精神療法が行われますが、全般性不安障害にはパニック障害のような決まった薬はなく、抗不安薬ベンゾジアゼピン系:セルシンなど、タンドスピロン:セディールなど)が用いられ、症状と関連のある日常生活の悩みやストレスについて、医師に相談しアドバイスを受けるなどの精神療法が行われます。うつ症状を合併する場合は抗うつ薬が用いられます。

成人期のメンタルヘルス

20代から40代の時期を成人期と呼びますが、職業社会では最も中心的に活躍する年代であり、個人的には結婚して新たしく家庭を持ち、子供が生まれ、自己の生活領域や役割や背負う責任が増えていく年代です。

そのために、色々な体験をしながら自信をつけていきますが、反面、ストレスや苦労が人生で一番多い時期でもあり、社会の変化の波を一番受けるのがこの年代で、環境の変化の中で自らを変化させていくことを、いやおう無しに迫られます。この時期によく見られる心の病気は、出社困難症、過剰適応症候群、燃え尽き症候群などです。

出社困難症は、いわゆる大人の不登校です。就職したばかりの20代から、働き盛りの30代、40代にも見られます。職場に行く意思はあるのに行けない状態で、会社の近くまで来ているのに、どうしても中に入ることができず、自然と足が家に向いたり、家にも帰らず、公園や繁華街などをぶらぶらしながら1日をすごしたりします。

過剰適応症候群は、人当たりがよく、気配りがあるタイプの人によく見られます。他人から見て、一見何の問題も無いように見えますが、本人にはストレスが蓄積されていて、必要以上に周囲に自分を合わせようとして、ストレスを生み出してしまいます。胃潰瘍・十二指腸潰瘍が典型的な症状の1つです。

燃え尽き症候群とは、ある日突然、やる気がなくなり働く意欲がなくなることです。昨日まで真面目にバリバリ働いていた人が、突然職場に行かなくなったり、前のように熱心に仕事をしなくなります。症状としては、不眠や倦怠感などがあります。燃え尽き症候群の人には、うつ病の可能性がありますので注意が必要です。

解離性障害

解離性障害とは、かつてヒステリーと呼ばれた神経症の一種です。

本来、1人の人間の意識・感覚・記憶は統一されていますが、事件に巻き込まれたショックなど、強いストレスを受けた時に、意識や人格面での統一性が一時的に失われることがあります。これが解離です。解離性障害には解離性健忘や解離性同一障害などがあります。

解離性健忘とは、最近の苦痛をともなう嫌な体験などを思い出せなくなることをいいます。通常は、嫌な記憶だけを忘れますが、中には今までの経験や生活歴をすべて忘れてしまう場合があり、これを全生活史健忘といいます。全生活史健忘になっても、日常生活に必要な記憶や習慣などは保持されています。

また、現実から逃れて何日間か生活の場から失踪してしまうケースもあり、これを解離性遁走と言います。遁走している間の記憶は思い出すことができません。

解離性同一性障害とは、以前に二重人格(多重人格)と呼ばれていたもので、2つ以上の人格を持つ症状をいいます。人格が複数に分かれてしまい、1人の人間にまったく違った人格が現れたり消えたりするものです。ひとつの人格が現れているときは、他の人格の存在や行動については覚えていません。

解離性障害の治療は、支持的精神療法や精神分析催眠療法などの精神療法を中心に、必要に応じて薬物療法抗不安薬抗うつ薬抗精神病薬)を行います。